沿革

明治38年

大阪市・西区で橋本製餡所として創業

昭和9年 大阪市・大正区に橋本製餡株式会社設立
昭和19年 橋本食糧工業株式会社に社名変更
昭和29年

本社移設・生産力拡大を図り大阪市・北区に工場移設

写真

昭和42年

茨木市に新工場建設、本社機能も移転

写真

昭和48年 業界初の本格的な排水処理施設を導入
昭和53年 橋本フーズ株式会社設立
昭和60年 東京営業所設立
平成4年

本社工場 自動立体倉庫完成

写真

平成14年 本社工場はISO9001を認証取得
平成17年 創業100年を迎える

橋本の「粉末餡」シリーズ

当時はさらしあん(粉末餡/乾燥餡)の製造から始まりました。保存性が高く、各ご家庭で簡単にこしあんやおしるこができ、大変好評を頂きました。
パッケージは変わりましたが、今も変わらぬ味を継承しています。

このページの先頭へ